HOME | 主な疾患 | 睫毛内反(さかさまつげ)

睫毛内反(さかさまつげ)について

さかさまつげとその手術についての解説です。

睫毛内反は、まつげが眼に当たってしまう状態です。


さかさまつげ

さかさまつげの状態


 
睫毛内反は、特に下のまぶたにおきると黒目の表面にきずをつけやすくなります。このきずはまつげが当たらなければすぐに消えるのですが、長いこときずが付き続けると、消えなくなってしまい、視力に影響します。黒目の表面の透明な部分がにごってしまうと眼鏡をつかっても視力は回復しません。そうならないうちに手術をする必要があります。
 

さかさまつげ術後

術後の状態


 
下のまぶたをふたえのように線を入れて、睫毛が正面を向くように手術します。
線は最初はくっきりしていますが、次第に薄くなっていきます。完全に消えてしまうとまつげがまた眼に当たってしまうので、奥二重のような状態になって残ります。

5〜6歳までは顔の成長により自然と改善する可能性がありますが、それ以降は自然に改善する可能性がどんどん低くなります。3〜4歳でもまつげの当たり方が強い場合には、早めに手術をお勧めすることがあります。
手術の相談については、お電話か問い合わせフォームからご連絡ください。
 

診察時間のご案内

手術および外来は完全予約制です。
あらかじめご連絡した時間にお越し下さい。
初診外来の来院時間に関しては、休診日以外の8:00~16:30にお電話でご相談下さい。
(土曜日は不定期な休診となる場合がございます)
 
電話 03-3567-2555

 

営業日 月・火・木・金・土
 8:00~16:30
休診日 日曜日・水曜日
次のページ