HOME | 主な疾患 | 間欠性外斜視

間欠性外斜視について

当院で最も多く行っている手術は、間欠性外斜視に対する手術です。

間欠性外斜視は、眼の位置が、片方だけそとがわに向いてしまう状態です。


外斜視

外斜視になった状態


 
本人にとっていちばん自然な眼の位置は、外側にずれた状態です。このため、力を抜いてリラックスした状態では、どちらか片方がずれてしまいます。ずれているときには、片方の眼でものを見ているので、立体視や奥行き感がなくなっています。
 

両眼固視

両眼固視の状態


 
眼にしっかり力を入れると、両方同じ方向を向いてまっすぐにはなりますが、いつも眼に力を入れ続けないと、この状態を維持することが出来ません。
たとえて言うと、常にずっと重たい荷物を持たされていて、筋肉に力を込めていなければいけない状態です。負担が重たいからと言って、力を抜くと眼が外側を向いてしまい、そのときには両目で立体的にものをとらえることができなくなってしまいます。
手術をするのは、この重たい荷物を軽くしてあげるようなものです。自然な眼の位置を外側向きから正面向きに変えて、大きな力を入れなくても両眼が同じ方向を見られるように変化させます。
 

ずれているときとまっすぐなとき

右眼 左眼 楽な状態は外側を向いているとき 力を込めるとまっすぐに   
 いちばん楽な状態がずれた状態で、ちからをこめるとまっすぐになります。
 


 

 

片目で手術を行う場合のアニメーション

右眼 左眼 右眼が外を向いている 場合には 筋肉を眼球からはずし 眼球をまっすぐにします 筋肉を戻して終了
 ずれている眼から筋肉を外し、まっすぐにしてからもういちど筋肉を付け直します。
 


両目で手術を行う場合のアニメーション

右眼 左眼 左眼でものを見れば 右眼がずれます 右眼で見れば 左眼がずれます どちらの眼で見ても ずれの角度は同じです 筋肉を戻して終了 斜視角を半分ずつ 両眼に分けて眼をまっすぐに   
 どちらの眼で見てもずれの角度は一緒です。両眼に角度を分けて、筋肉を外し、まっすぐにしてからもういちど筋肉を付け直します。

診察時間のご案内

手術および外来は完全予約制です。
あらかじめご連絡した時間にお越し下さい。
初診外来の来院時間に関しては、休診日以外の8:00~16:30にお電話でご相談下さい。
(土曜日は不定期な休診となる場合がございます)
 
電話 03-3567-2555

 

営業日 月・火・木・金・土
 8:00~16:30
休診日 日曜日・水曜日